定額小為替(こがわせ)

戸籍謄本の郵送請求で使います。

 

 

「株式会社ゆうちょ銀行」が発行している金券です。郵便局の窓口で発行してくれます、というか他では発行できません。(平日9:00~16:00)

 

 

有効期限は6ヶ月間で、指定受取人の欄に名前が書かれていなければ誰でも郵便局で現金に交換できます。

自分が発行したものを自分で換金できます。

謄本請求の場合はあて名(指定受取人)は書かないで下さい。

 

発行手数料は金額にかかわらず1枚100円です。

家系図につかう謄本は750円ですから、1通850円かかる事になります。

 

こんな用紙に記入して混んでなければ5分で終了です。

 

 

ここで問題になるのが

何枚買えばよいのか?

 

実際に調べてみなければ何通なのかわからないので困ってしまいます。

 

多めに入れて送り、余れば返してもらうのが一番良いかと思います。

足りないと追加で送らなければ、謄本は発送してくれません。

そのあたりも電話で確認するとよいでしょう。

 

全ての謄本の収集が完了して最終的に小為替が余ってしまっても、換金すればよいので、多めに発行したほうが良いと思います。手数料は戻ってきませんけどね。

 

 

私にとっては発行も換金も平日の9:00~16:00に郵便局の窓口に行く必要があるというのが厳しかったです。

役所に行けないから郵送請求をするのに、そのためにはまず郵便局に行かなければならないというジレンマを感じていました。

 

 

 

返送用の封筒

 

役所からあなた宛てに謄本を入れて送る封筒です。

謄本はA4サイズなのでA2角の封筒が良いです。

 

送料はあなた負担ですので、必ず切手をはって下さい。

定形外郵便物の規格内の料金になります。

切手の金額は謄本の量によりますので、多めの金額を貼ったほうが良いです。

 

 

重さ

切手金額

50g以内

120円

100g以内

140円

150g以内

205円

 

 

 

返送先の住所はあなた(請求者)の住所にしてください。

職場の住所にしてみたら、役所から電話が来てダメだと言われ自宅に変更したことがあります。

奥さんで請求した場合は、あて名を奥さんにして下さい。