いまどき電話かよ!

と思うかもしれませんが、二度手間をさけるためにも問い合わせは重要です。

 

どこに電話するの?

 

調べたい人の本籍地がある役所です。最初は自分の戸籍謄本が欲しいので自分の本籍地の市役所です。

市役所のホームページのどこかに、戸籍課みたいな部署がありますので、そこに電話をします。

わからなければ代表番号にかけて「家系図のために戸籍をとりたい」といえば、戸籍係りに取り次いでくれます。代表番号はだいたいサイトの下に載っています。

 

スポンサーリンク

 

実際に電話をしてみましょう。

家系図作りのために戸籍をとりたいです。

 

誰のものですか?

 

自分です。 とか、自分の戸籍謄本も含めて父親方をさかのぼりたいです。とか

 

郵送ですか?来られますか?

 

必要な物は何ですか?

 

いくらですか?とか

 

いまのお役所は非常に親切ですから、低姿勢で聞けば個人差はありますけど色々と教えてくれます。

 

すでに調べて分っていても、初めはあえていろいろと聞いちゃいましょう!

意外な答えがある場合もありますからね。

 

話してみて、行ったほうが良いと思えば役所に行けばよいし、郵送で良いと思えば郵送にしましょう。

私はいきなり行って請求しました。多かったせいか訪問時間が遅かったせいか、揃ったら電話しますと言われ、その場ではもらうことができませんでした。



翌日電話があり受け取りに行きましたが、役所があいている時間に2度行くのは、仕事をしていると厳しいものがあります。

 

郵送請求する為に10ヵ所以上に電話をしましたが、どこも同じ対応というわけではないです。

欲しい人の本籍と名前を言ってそこから遡りたいと伝えると、直ぐに調べて折り返し電話をしてくれて合計金額を伝えてくれるところもあります。まったく教えてくれないところもあります。



その辺は、そこの役所の方針であったり、担当者の判断であったり、聞く側の能力というか問題であるかもしれません。

いくらかかるか知りたい。でも実際に調べてみないとわかりませんから、あちらも答えられないわけです。

 

通常の戸籍謄本を申請するのとは違うので、スムーズに進めるためにも電話することをお勧めします。

スポンサーリンク