あなたと対象者の関係がわかる書類

 

戸籍のさかのぼりは、直系親族だけが請求できるというルールです。

 

ですから、対象者とあなたを直系親族だと役所に証明しなければなりません。

 

「証拠を書類」を出せというわけです。当たり前ですね。

 

 

私の場合は、私の載っている戸籍から親、親、親とつながりが分かるように、それぞれの謄本の証拠となる部分をコピーして蛍光ペンでマーキングしていました。

 

奥さんの場合は当然ですが、奥さんと対象者の関係になります。

 

本人確認書類のコピー

 

運転免許証、写真付き住民基本台帳カード、マイナンバーカードなどのコピーです。

 

こちらも奥さんの場合は奥さんのモノを出してください。