ねえ、父さんのおじいちゃんはどんな人だったの?

 

ドキッ!

う~ん、やさしい人だったよ。。。

 

こんにちは!

団塊ジュニアの鉄蔵(テツゾー)です。私の自作体験談です。素人目線ですが参考になればうれしいです。

 

 

正直なところ、じいちゃんの事はほとんど知らなかったです。

 

父方のじいちゃんは、私が生まれたときには既に亡くなっていたので名前も覚えていないくらいでした。

母方のじいちゃんには、小さいころに遊んでもらった記憶はあるんだけど、どんな仕事をしてどんな人だったのか、どんな家庭で育ったのか、ぜんぜん知らなかったです。

 

 

そして知らないという事についても、特に気にしていませんでした。

 

息子の問いに、素直に知らなかったといえばいいのに、テキトーに答えてしまって少し後悔しました。

勉強なんかはとても答えられないけれど、こういう問いこそ親父の出番じゃないかと思ったわけです。

 

息子の一言が、じいちゃんを知りたいと思ったきっかけです。

 

それで、まずはじいちゃんについて親から色々と聞いてみたんです。

そしたらじいちゃんはムコ養子だった、なんてことが分かり、そしたらばあちゃんもの事も知りたくなって、じいちゃんのじいちゃんも知りたくなって、それじゃあ家系図を作ってみようかってなったわけです。

 

 

それでネットで調べると、業者さんに頼むこともできるし、自分で調べて作る事もできることが分かりました。

業者さんに頼むと4系統で20万円くらいかかるという感じでした。

 

しかし疑問に思ったのは、業者さんは同じ苗字だけをたどるという事でした。

 

なぜ母方は調べないのだろうか?それが家系図なのか?みんな気にならないのか?

私が知りたいのは「この人がいなければ私は生まれてこなかった」だからその人を調べたいという事でした。

 

とにかく、そんなお金はあるわけもなく、必要性を全く感じていない妻に言ったところでケンカになるだけだから、自分で作るしかないと思ったわけです。

 

エクセル入りのパソコンは持っていたので、エクセルのフリーソフトを使って、まずは父方の家系図を作ることにしました。

 

 

役所に行ったり、郵送請求したり、昔の漢字を調べたりして、約3週間ほどで形になりました。

謄本は14通×750円で10,500円。その他に切手、封筒、郵便小為替の手数料やらで合計12,000円くらいはかかりました。もちろん私のお小遣いです。

業者は5、6通で十分できるという事だったので、なるほどと収益構造が理解できました。

 

印刷は自宅のプリンターでやりました。

見やすい文字の大きさに指定すると用紙サイズが大きくなるんです。ポスター用の分割印刷でやったらA4が8枚も出てきました。これらをノリで貼り合わせて完成させました。 

 

紙はコピー用紙の張り合わせだけど、大きくてなんか迫力があって凄くいい感じでした。坂本龍馬と同じ世代のじいちゃんから、幼稚園児の姪っ子まで9世代52人も載載っています。

 

これを家族に見せて解説したら非常に評判が良いので、調子に乗って母方も作ることにしました。

母方は22通、いろいろ含めて約18,000円。こちらも8世代で55人でした。もちろん私のお小遣いですけどね。

 

私の両親の家系図が完成して、両親に見せたり親戚に見せたりしていると、妻もだんだんと欲しくなったようで、妻方の分も私が作るという条件で、私の小遣い分も家計費を使用して作ることになりました。

 

 

妻方は父方と母方を合わせても22通でした。郵送請求ばかりでだったので約20,000かかりましたが、意外と安くできました。

 

 

安くなったのは、1通の謄本の中に必要な情報がうまく載っていていたのと、死亡日までは知らなくてもいいやと諦めたことで、死亡日を知るためだけに取っていた謄本がいらなくなったことだと思っています。

 

 

私と妻の両親の4系統で50,000円で作ることが出来ました。

3ヶ月かかりましたが、同時にスタートすれば1ヶ月でできたと思います。

その後、弟の奥さんの分を手伝い、妻の弟の嫁の分を手伝い、そのバイト代で有料ソフトを買いました。今は無料と有料の両方にデータを入れていじっています。

 

 

そして、家系図をもって親戚に会い、これをネタに昔の話をして楽しんでいます。

自分で調べて作ったと言うと、驚いて感心してくれるし、昔のことを色々と教えてくれるので面白いです。

子供が結婚を考えるようになったら、キレイに作り直して渡したいと思います。

 

自作して良かったと思っている点

 

  • 安くできたこと(業者との比較)
  • この人を家系図に載せるか載せないか、という判断が自分で出来たこと
  • 戸籍や家系図に関する周辺知識が増えた事
  • 親戚などと話をするときに家系図に載せていない情報も話すことが出来ること
  • 修正や追加削除が自分で出来ること
  • 業者仕様に比べると情報量が多いこと。特に祖母の母方などの姻族の情報
  • 勉強しながらやったのでノウハウが身に付いた事

 

そして一番大きいのは、先祖を身近に感じることができた事です。過去があって今があるという当たり前のことに感謝できる気持ちになれました。

当時の風景や暮らしを想像しながらルーツをたどるのは、勝手に小説を作っているみたいで面白く、自作して本当に良かったと思っています。

 

そしてこの経験をだれか伝えたいと思いました。

本やネットでしっかり調べて作りはじめましたが、ああしておけば良かったと思うところが多かったです。

けっきょく修正にかなり時間がかかってしまいました。

 

もう少し、細かいところまで載っているサイトがあればスムーズにできたと思っています。

そして、そういうサイトを作ろうと思い開設しました。

家系図を作ろうとしているあなたに良い情報をわたせるようにがんばって書きます。ぜひ読んでいって下さい。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。そして、良い家系図を作って下さいね!